H30小松中学校日記

職業調べ発表へ向けて

 1年生は今、総合的な学習の時間において職業調べを発表するための準備を行っています。

 同じような職種でグループを組み、話し合いながら進めています。

 グループは、看護師・助産師・薬剤師などの命に携わる仕事、メイクアップアーティスト・美容師・ネイリストなどの美容に関わる仕事、また、会社員や公務員まで様々なものがあります。それぞれ、自分たちが目指している仕事とはどんなものなのか、同じ仲間に知ってもらうため一生懸命作業に打ち込んでいます。

 スライドショーや大判用紙を使い、聞く人がわかりやすい発表にしようとするグループや作品や催し物を開き、実際の仕事の様子を見てもらおうとしているグループもいました。どの班も工夫を凝らしてがんばっています。発表が楽しみです。

3年生 面接練習

NEW3年生は、昨日1月17日(木)に私立高校受験に向けての懇談会がありました。

日程の早い私立高校は、明日から入学試験が始まります。

現在、3年生は面接練習をがんばっています。いろいろな先生方に面接の指導を受けています。

その様子を少し紹介します。

面接では、「なぜ、その学校に進学したいのか。」、「どんな学校行事をがんばりましたか。」といった質問に対して、いかに的確に答えて自分の良さをアピールすることができるかが評価されます。

また、髪型や服装、礼の仕方や姿勢、返事の仕方といったことも細かく評価されます。

最初は、たどたどしかった3年生も練習を重ねることによって、どんどん良くなってきています。

     

2年生 音楽 鑑賞☆

 本日は、2年生の鑑賞の授業で歌舞伎を鑑賞しました!

 今回はその歌舞伎の演目でも、十八番(定番)の一つである「勧進帳」を鑑賞しました。回り舞台やセリなどの舞台装置や、化粧や衣装の着付けなども普段なかなか見ることのない舞台裏にも見入っていました。

 なかなか触れることのできない伝統芸能に触れることができました!

8766日

NEW1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生しました。
戦後初の大都市直下型地震は、関連死を含め6434人の命を奪い、住まいや仕事など暮らしの土台を崩壊させました。
今日、 2019年1月17日 で 8766 日がたちました。

 死傷者6434人 行方不明者3人 負傷者数43792人 住宅被害639,686棟

震度7の揺れは5万人超の死者・負傷者を出し、住まいやライフライン、道路・鉄道などに甚大な被害をもたらしました。

  今日の生徒会の掲示にもそのことが書かれていました。

南海トラフ大地震が、30年以内に70~80%の確率で発生すると言われています。

西条市は震度6強から7の震度が予想され、地震による地盤沈下が起こって、海面より低くなった土地に浸水することによる死者が約2600人と愛媛県内でも一番多いと予想されています。

阪神・淡路大震災から8766日 

震災から学んだことを生かし、南海トラフ大地震への備えを考えなければなりません。

ご家庭でも、再度ご確認ください。

1 家具の固定

2 避難場所・避難経路の確認

3 家族との安否確認手段の取り決め

4 家庭の備蓄確認          

 

 

 

3年生学年末テスト発表です。とホッとした風景

 3年生は、1月24日(木)・25(金)に学年末テストがあります。

明日は、私立高校懇談会が予定されています。

学校も何かと慌ただしく、少し落ち着きに欠ける毎日になってきましたが、ホッとする光景を見つけました。小松中にの校庭には、ひっそりと二宮金次郎像が設置されています。

偶然でしょうか?はたまた、心優しい生徒がいたのでしょうか?

偶然にも椿の花が・・・二宮金次郎の優しい表情と花がホッとする光景を見せてくれていました。

 

 

仲間とともに

 

 気温が低く寒い日が増えてきました。小松中学校のインフルエンザの罹患者数もだんだんと増えてきています。

生徒の皆さん。手洗いやうがいを行い、予防に努めてください。

 寒い日が続きますが、小松中では、部活動に汗を流し、大会やコンテストを目標に日々頑張っている生徒がたくさんいます。そんな部活に一生懸命取り組む生徒たちの姿を見て、学校全体が元気づけられています。

 暑い日も寒い日も、仲間がいるから頑張れる。そんな青春を、かけがえのない時間を過ごしている姿を見ると、生徒たちの成長を感じることができます。

 

小松中学校では、「心豊かにたくましく生きる生徒の育成」を目標に教育活動を行っています。今日は、部活動の様子を

紹介させてもらいました。

空調設備の工事が始まりました。

 西条市では、市内の中学校に空調設備の導入を計画しています。

 12月から工事が始まり、校舎の外の工事も始まっています。生徒が立ち入ってはいけない場所には、黄色で囲いがされています。工事は、安全に配慮して行われていますが生徒の皆さんも十分注意をしてください。

小松中学校の日常

 本日は2年生の昼休みの様子を紹介します。

 給食のあとはみんなで仲良く歯磨きタイム♪♪カメラに向かって「はい、チーズ!!」

 

 歯磨きの後は、友達と遊んだりいろいろなお話をしたり。何の話をしているのでしょうか・・・

 勉強をしている子もちらほら見られます。

 

 

 楽しい時間が終わると、すぐに切り替えます。午後の授業も頑張りました。

 また来週、元気に学校に行きましょう!!

 

1月号の保健だよりを掲載しました。

 今治地区、西条地区でもインフルエンザの罹患者数が増えてきています。

今月の保健だよりは「インフルエンザ」予防の特集と出席停止の期間についてです。

特に、出席停止の期間「発症したあと5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで」について具体的に説明されています。

こちらからどうぞ→保健だより

2月4日は・・・

 あとひと月あまり後になりますが、愛媛県では2月4日を「少年の日」と定められており、中学校において、さまざまな行事が行われます。この少年の日は、愛媛県独自のものだそうです。

 それに先駆けて、本日2年生は、学年集会を行いました。

 そこで考えたのは「大人とは?」ということです。何ができたら大人となれるのか、を考えていきました。その中で、大人とするには3つの要素があり、それは、①法律上、②精神的な、③身体的に分けられるということを考えました。

 昔の日本において、14歳は「元服」の歳。現代においては、今までにはなかった厳しい決まり(少年法という法律が適用される。)が課せられる(=自分で責任をもつ)ということも学びました。 

今後は少年の日に向けて、自分自身に向き合い、それぞれの自覚と決意を固めていく学習を行う予定です。

授業スタート!

 三学期になり、初めての授業がありました。今日から普通授業開始です!記念すべき1時間目の授業の様子を、1年生のクラスでのぞいてきました。A組は数学、B組は理科をしていました。

 A組は作図の授業を行っていました。垂線を用いた作図ができるかどうか、基礎知識の確認から実践問題に入っていました!生徒は真剣な面持ちで、先生の話を聞いています。

 B組は、光の屈折の授業をしていました。今日は、理科室が使えなかったので、教室で授業を行いました。水やガラスの中を光が曲がって進んでいくことを、実験を通して確認をし、その規則性を考えました。生徒は、実際に曲がって見えるチョークに驚き、興味を引かれていました。

3年生は、第6回学力診断テストに取り組みました。冬休み中の学習の成果を試す大切なテストです。

今日は、国語、理科、社会に取り組みました。

 

3学期始業式&任命式

 明けましておめでとうございます。新年最初の記事です。今年も小松中ホームページをよろしくお願いします。

 さて、本日より3学期が始まりました。約2週間の冬休みが明け、久しぶりに会う友達と笑顔で話す子や、眠そうに目をこすりながら歩く子が、続々と登校してきました。静かだった校舎がみるみる内に活発な声であふれだし、それぞれの教室に元気さが戻ってきました。

 大掃除のあとに集会がありました。横をそろえて綺麗に整列し、顔を上げてしっかりお話を聴いています。

 校長先生は式辞の中で、テレビアニメ一休さんから「めでたくもあり めでたくもなし」という言葉を引用されました。「お正月が来れば一歳年を重ねることになり、おめでたいことです。しかし、元旦をむかえるということは、ひとつ年を取るということであり、人生という旅が、また少し終わりに近づいたということになり、「お正月は、おめでたい日ではあるけれど、裏を返せば一歩「冥(めい)土(ど)」(あの世)に近づく日でもあり、めでたくない日でもある。」という意味だそうです。

「そして、一日一日を大切にして、3学期をしっかりがんばってほしい。」と述べられました。

 生徒代表あいさつでは、2年生の原田くんが3学期の抱負を発表しました。来年の受験で志望校に合格することを目標に、これまでの自身の反省を踏まえて、日頃の授業と部活動に一生懸命取り組む決意をしました。

 始業式のあと、生徒会・専門委員長の引き継ぎ式がありました。まず、校長先生から平塚さんと石川さんがそれぞれ生徒会長と副会長に任命されました。そのあと、新生徒会長の平塚さんから各専門委員長・生徒会総務が任命されました。みんなの顔に、自分たちが学校を引っ張っていくんだという自覚とやる気がこもっていました。

 頼もしい顔ぶれに期待感が高まりますが、今日ステージに上がった人たちだけでなく、学年、全校で協力し助け合い、よりよい小松中学校に仕上げていってほしいです。小松中学校のみなさん、よろしくお願いします。

 

1月8日(火)の予定です。

お知らせ平成30年最後の更新です

   平成31年1月8日(火)の時程をお知らせします。

              朝学活(読書含む)        8:05~8:25
              大掃除              8:35~8:50 
              始業式・生徒会引き継ぎ式          9:00~9:30
              学活①                       9:40~10:30
              学活②                    10:40~11:30(終わりの会含む)

  (予定時間なので、若干前後するかもしれません。)  

      部活動については、各顧問の先生の連絡に従ってください。

 ・給食袋                    ※通学カバンで登校しましょう。 
 ・冬休みのしおり
 ・冬休みの宿題など

全日本アンサンブルコンテスト愛媛県東予東地区予選

27日は、土居文化会館ユーホールにて、アンサンブルコンテスト(通称:アンコン)の地区大会がありました!

県大会出場を目指し、西条市・新居浜市・四国中央市の中学校で競い合います。

今回、小松中学校として2チームが出場しました!

そもそもアンサンブルとは、少人数の指揮者を置かない演奏スタイルのことであり、大規模な吹奏楽と違って、一人ひとりに役割がしっかりとあるのが特徴です。

部員全員が1年生であり、アンサンブルとしての演奏も人生初。

他の団体の演奏に圧倒されながらも、舞台で、堂々と演奏を披露することができました。

結果は両チームとも銅賞でしたが、今後に向けての課題や目標を見出すことのできたよい経験となりました!

冬休み2日目です。

お知らせ冬休み2日目です。

NEW

卓球部が愛媛県卓球協会主催愛媛県中学選抜団体卓球大会西条地区予選で男子団体優勝!しました。

おめでとうございます。今日明日は、今治にて瀬戸内少年卓球大会に参加しています。

NEW

体育館で午前中 男子バレーボール部が丹原東中学校と練習試合を行っています。

剣道部も、愛媛県武道館で行われている愛媛県中学生剣道錬成大会に参加しています。

女子ソフトテニス部は、今治市と西条市で行われている、しまなみカップに参加しています。

 

 

冬休みの生活について

お知らせ2学期のHP閲覧ありがとうございました。3学期も生徒の活動の様子を紹介していきたいと思います。

本日、2学期が終わりました。2週間余りの冬休みになります。

保護者の皆様方、お子様の生活について見守りとご指導を宜しくお願いします。


 

 

えひめこども美術展特選 美術部門

 えひめこども美術展 美術部門で特選された小松中生を紹介します。

 【絵画】

  2年 尾田雄吾、3年 青井紀子、岡崎竜弥、處亜衣実

 

 【彫刻】

  2年 伊藤祐月

 

 【デザイン】

  3年 伊藤英女、伊藤甲名、處亜衣実

 

 以上8作品が見事特選されました。おめでとうございます。

 

  愛媛新聞 許可番号 d20181225-001

 

平成30年度2学期終業式

 12月25日(火)2学期最後の登校日です。

 1時間目は大掃除をしました。普段していないところも隅々まできれいにしました。きれいな校舎で気持ちのいい新年を迎えられそうです。

 2時間目は終業式です。黙って整列します。

 まず表彰がありました。人権作文や、人権標語、読書感想文、卓球、駅伝などが表彰されました。

 生徒代表あいさつ、3年伊藤さんが2学期の振り返りと3学期の抱負を話しました。

 今年も残りあと7日です。1年を振り返り、お世話になった人に感謝の気持ちを伝えてください。時間は限られていますが、いろんな人にあいさつをして元気な顔を見せてください。そして、恩返しできるように来年の抱負を考えましょう。

男子バレーボール部がんばっています。

お知らせ体育館で元気な声がしていたので、のぞいて見ました。男子バレーボール部が、川之江北中学校と練習

    試合をしていました。その他にも、多くの部活動が練習試合に出掛けていたようです。

集会-冬休みの過ごし方-

 本日は、冬休みの過ごし方についての集会がありました。2人の先生からお話がありました。

 まず、宮本先生から、「目標と目的」についての話がありました。以下抜粋します。


 いろいろ悩む日々が続いていた去年の冬のある日、中学生からの友達が倒れてしまいした。生きる希望をなくし、抜け殻のような人間になり、放っておいたら、死んでしまいそうなほどでした。

 

 身近な人の命の危機を感じたとき、「あいつのために、何かしなくては」、「大切な人がいなくなってしまう」「何とかしたい」という強い思いが湧いてきました。助けたい一心で、その友達を病院に連れて行きました。結果、精神的に弱っていると診断され、いろいろな薬を処方されましたが、薬の臭いや治療の方法が合わず、通院をやめました。そして、いろいろ考えた末、知人の紹介であるお寺に連れて行くことになりました。

 

 そこで、一緒に「幸せとは何か」や「なぜ人は生きるのか」など人生の根本について、様々なことを学びました。それからお寺に通う日々が続き、今では、その友達は職場に復帰し、元気に働いています。 

 

 この一連の出来事から、わたしは多くのことを学びました。その中から1つ、みんなに伝えたいのは、「情けは人のためならず」、勉強や部活、家の手伝いなどは、「自分のため」だと思ってしないほうがいいということです。死にかけた友達のために!と思えば、1日眠らないこともできたし、夜遅くに外へ探しに行くこともできました。誰かのために!と思えば、底力が湧いてくるのです。自分の本気が出せるのです。

 

 今、多くの3年生は受験に向けて、試験勉強に励んでいると思います。1、2年生は部活や勉強、生徒会活動に励んでいますね。それは何のため?だれのため?

 

  そこで、だれか自分以外の人のためだと思ってみてください。たとえば、愛してくれる親のために。応援してくれる友達、先生を喜ばせるために。医者を目指している人は、将来、自分が救うであろう人々のために。先生を目指している人は将来教える未来の生徒のために。何でもいいので、自分のためではなく、だれかのために。と思ってみてください。自分の知らない底力が湧いてくるはずです。部活をしている人は、わかるはずです。団体戦のほうが力が出るのが良い例ですね。

 

  というのも、自分のためだと思って、何かに取り組んでいると、「疲れた自分のために」と休憩したり、「忙しい自分のために」と手を抜いたり、どうしてもしてしまうのです。

 

 高校入学、卒業、大学・専門学校入学、就職という「目標(しるべ)」を1つ1つクリアしながら、「人のために」という目的(まと)を目指してください。

 


 先生自身の体験から、魂を燃焼して生きることの大切さを話してくれました。

 冬休みの過ごし方について、注意事項を確認したあと、養護の松澤先生から、冬休みを健康に過ごすための話がありました。

 まず、健康に生活するために大切な睡眠についてのクイズがありました。

①試験前日は、なるべく夜遅くまで眠らず勉強したほうがいい。〇か✕か。

②睡眠不足になると、太りやすく、病気になりやすい。〇か✕か。

③寝れば寝るほど成長ホルモンがたくさん出る。〇か✕か。

 正解はお子さんに聞いてみてください。

 質のよい睡眠をとるためには、寝る環境を整えることが大切です。

・テレビや音楽を消す。

・エアコンはタイマーで、2,3時間にセットする。

・カーテンは朝日が差し込むように少し開け、真っ暗にして寝る。

 

 また、スマホやタブレット、テレビから出ているブルーライトは、私たち人間が目で見ることができる一番強い光で、ブルーライトを見ると脳が覚醒するので、寝る1時間前から30分前には、スマホやタブレットテレビを見るのはやめるようにと、お話がありました。

 

 生活リズムを崩さないで、冬休みを元気に過ごしてください。

 

 

 

お箏(こと)の演奏にチャレンジ!

1年生の音楽の授業では、お箏の演奏にチャレンジしました

お箏の構造や、奏法を学んでから、「さくらさくら」を演奏しました。

はじめての人、経験がある人など、いろいろな人がいましたが、お互いに教えあいながら上手に演奏できました!

☆ Merry Christmas ☆

 12月19日の5時間目。クリスマスまで残り6日となった今日、1年A組では、Megan Hamersley(メーガン・ハマスリー)先生扮するサンタのもとで、早めのクリスマスパーティーが開かれていました。

 クイズ大会が開催されていました。電子黒板に表示されている問題を班で相談しながら解答していました。

 獲得ポイントがいきなり倍になったり、問題を自分で選択できたり、盛り上がり要素が満載でした。生徒たちは楽しそうに活動していました。

 

Student Teacher in Japanese class

 1年生の国語の授業では、生徒が先生役になり、説明を行い、交代で学びあう取組をしています。

  今日は、古典の「返り点」について説明をしました。黒板を使って、まず「レ点」、「一二点」の読み方の順序について番号を振りながら、説明しました。生徒たちは、新鮮な気持ちで説明を聞くことができます。また、授業に協力しようという気持ちから、聞く姿勢もいつもに増して真剣です。

 重要な事柄は、先生がもう一度説明を行って補足します。 

 「返り点」の説明のあとは、練習問題が出題されました。周りの友達にたずね合いながら、集中して問題に取り組んだあと、答え合わせをし、先生役の仕事を終えました。席に戻ったとき、安心した表情で笑顔を見せていました。お疲れ様でした。

3年生集合写真を撮りました。

お知らせ3年生の卒業まで、残り3ヶ月を切りました。

今日は、昼休みに卒業アルバム用の集合写真を撮りました。

集合写真は、カメラの方を見るタイミングがなかなかそろいません。

アルバムには、きっとばっちりタイミングの合った?写真が使われると思います。

  

 

1年A組 美術の授業です。

お知らせ1年A組 美術の授業です。板に紙粘土で立体的な形を作ります。

その上から色塗りをしています。レリーフと言うそうです。生徒たちも作業に熱心に取り組んでいます。

出来上がりが楽しみです。

シェイクアウト愛媛運動が行われました。

お知らせえひめ防災週間(12月17日~23日)にあわせて、地震発生時の安全確保行動の確認や防災意識の向上を図るため、県下一斉に「シェイクアウト

    えひめ(県民総ぐるみ地震防災訓練)」を実施します。本日11:00に行われました。

お知らせこの訓練は、その場で

「(1)まず低く=DROP!」→「(2)頭を守り=COVER!」→「(3)動かない=HOLD ON!」

 の安全確保行動を約1分間行うもので、誰でも、どこでも参加することができます。

 

 

 

 

教室とは違う姿

 12月15日土曜日、女子バレーボール部は第13回西条市バレーボール協会会長杯に参加しました。全員がボールを追いかけ、つなぎ、奮戦していました。教室とはまた違う、部活動にがんばっている姿を見ることができました。

 

ここはどこ?

 小松中学校の生徒たちが通っている小松中学校。毎日のように学校に来ては、友達といっしょに楽しい時間を過ごしたり、授業や様々な活動を行ったりしています。小松中学校の校舎も、ほぼ毎日見ています。そんな小松中学生であれば、これがどこなのかすぐにわかりますよね?チャレンジしてみてください!

 

 

  

 ここがどこだかわかりましたか?

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

①図書室の反対側の壁面です。多目的ホールが見えますね!

 

②技術室前の階段への入り口です。1・2年生はこちらから朝登校していますね。

 

③職員室前の配膳室です。給食当番のときにいつも見ていますね。

 

 わからなかところがあった人は、日ごろから色々なところに目を向けるようにしてみましょう。そうすると、友達のちょっとした成長や変化に気付くことができます。がんばっている友達や仲間に、「最近なんかがんばっているね」と一声掛けてみましょう。今よりもっと仲良くなれると思います。

お琴の授業

 最近めっぽう寒くなってきました。みなさま、お体壊されていないでしょうか。寒い日は、ショウガ、ハチミツ、レモンがおすすめです。

 ところで小松中学校の西側に特別教棟があり、そこは特別寒いのですが、先日、心を温める優しい音色が聞こえてきました。

 

 お琴の音色です。こまつタイムの時間には、よく聞こえてきていましたが、文化祭が終わり、久しく聴けていませんでした。

 のぞいてみると、元気な1年生が興味津々で、弦を触っていました。きちんと正座をして、楽しそうに弾いていました。さすが小松中1年生、感心です。

 

進路学習~職業調べ~

 1年生は進路学習の一環として現在、職業調べを行っています。自分の気になる職業について、なり方や勉強しておくこと・仕事の内容・必要な資格など、インターネットを使い、情報収集をしています。生徒たちが調べているものの中には、保育士・弁護士・地方公務員・ダンストレーナー・YOUTUBER・プロスポーツ選手など様々です。夢を追いかけ、真剣な眼差しで画面の情報をプリントにメモしている様子は、とても輝いていました。

1月行事

1月行事を本日生徒に配布しました。「行事予定」にもアップしました。ご覧ください。

西条いしづちオープン卓球大会

 12月8日(土)、西条市総合体育館で、西条いしづちオープン卓球大会が開催されました。県内の中学校やクラブから多くの人が集まりました。団体戦と個人戦の両方が行われ、個人戦は約600人のエントリーがありました。そんな大規模な大会で、

 小松中は団体戦ベスト4キラキラ、個人戦では、髙橋くんがベスト8花丸で入賞しました。 

おめでとうございますお祝い                                                                                           

 ちなみに女子中学生の部で優勝したのは、小学生の女の子です。

 今日の会場の中に、未来のオリンピック選手がいたかもしれませんね。 

 12月、1月は卓球の大会が多いシーズンです。試合をやりっ放しにすることなく、1つ1つの大会での結果を、チームとしてしっかり反省しながら、次の中学生団体選抜卓球大会に向けて、練習に励んでもらいたいですね。これからも応援しています。

中学2年生を対象に愛媛県学力診断調査が行われています。

お知らせ愛媛県では、学校における生徒の教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てるとともに、教育施策の成果と課題を検証することを目的に、中学2年生を対象に愛媛県学力診断調査を行います。

本日は、国・社・理の3教科

明日は数・英と生活環境調査が行われます。

平成31年 小松中学校 生徒会役員選挙

 本日は、次期生徒会役員を決める、生徒会役員選挙が体育館で行われました。

 まず初めに、2人の立候補者がそれぞれの選挙公約を発表しました。

 石川さんが目指したい学校は、「笑顔があふれる学校」。選挙公約は、「あいさつ運動の活性化」、「ありがとうBOXの設置」でした。笑顔で堂々と振る舞い、みんなにAAA(明るい・あいさつ・ありがとう)のキャッチフレーズを印象づけました。

 平塚さんが目指したい学校は、「Smile&Peace」。選挙公約は、「心と心をつなぐ挨拶プロジェクト」、「生徒によるイベントの充実」でした。明るくハキハキと演説し、「行動力・実行力」をしっかりアピールできました。

 

 次に、立候補者2名と選挙委員会によるパネルディスカッションが行われました。①あいさつの活性化②学力向上③小松中の伝統、の3つについて、全校生徒の意見も取り入れながら、話し合いをしました。

 パネルディスカッションのあと、実際の選挙に使用されている記載台と投票箱で、1人ずつ投票していきました。全校生徒186人中、無効票が9票でした。結果は明日の朝、発表される予定です。

第38回中学生人権作文コンテスト愛媛県大会表彰式が行われました。

お知らせ松前総合文化センターで第38回中学生人権作文コンテスト表彰式が行われました。

小松中学校3年生 神野さんが表彰式に出席しました。

神野さんの作文は、最優秀賞(松山地方法務局長賞)です。愛媛県内から10000点以上の作品募集があり、

の中から選ばれました。

表彰式の後、中学生人権作文コンテスト最優秀賞作品の朗読を行いました。大きな声で朗読を行い、会場

の参加者の皆さんから大きな拍手をいただきました。

 

 

 

 

 

2年生 道徳

 今日の2年生の道徳は学年で人権の歴史というテーマです。

 差別をなくしていくためには、自分自身が正しい知識を得ることが大切です。

 この授業で学んだことを家族や友達に話して正しい知識を広めていきましょう。

 そして、差別をなくすために自分自身に何ができるかを考えていきましょう。

12月9日(日)西条市差別をなくす市民の集いが行われます。

お知らせ12月9日(日)西条市総合文化会館で差別をなくす市民の集いが行われます。

NPO法人プロジェクト2008による人権啓発劇「約束」が上演されます。

開場 13:00  開演 13:30~です。小松中学校からも和田先生、黒川先生、宮本先生、壺内先生、教頭先生がスタッフとして参加しています。

 

 

3年生 学年人権集会

 本日、午後から3年生は体育館で、人権・同和問題について考える学年人権集会を行いました。

(1,2年生は給食後に下校)

 小松小学校や石根小学校、小松高校の先生方、愛媛県人権対策協議会西条支部の方々や人権・同和教育に携わっている方々にもご来校いただき、参観していただきました。

  まず始めに、西条市中学生人権・同和教育現地研修会で訪れた水平社記念館や大島青松園、

今年の10月に今治特別支援学校へ訪問した生徒たちから、それぞれ体験学習の発表がありました。生徒たち

は、身近な友達の体験談や考えたことに真剣に耳を傾けて聞いていました。

 次に、西条市の部落問題解決に向けての取組やハンセン病問題への取組について学びました。

NPO法人プロジェクト2008の西条市人権啓発劇などが紹介され、真剣に視聴していました。

 その後、学んだことを生かして「差別のない、みんなが安心して暮らせるふるさとをつくるために自分た

ちに何ができるか」を班になって考えました。活発な話し合いのあと、代表して3つの班が発表しました。

 

 人権・同和問題について、正しい知識を身につけ、差別をなくそうと行動実践することが重要です。今後も、身の回りにある差別やいじめ問題に、しっかりと向き合い、誰もが安心して過ごせる社会を、小松中のみんなでつくっていかなければならないことを学びました。

 

学力診断テスト2日目

NEW1年生と3年生は、学力診断テスト2日目に取り組んでいます。

本日は、数学と英語(リスニングあり)に取り組んでいます。

英語には4技能(話す力、聞く力、読む力、書く力)が必要ですが、リスニング(聞く力)はスピーキング(話す力)と合わせて英語でコミュニケーションをとるために重要な要素です。

本日も、テストに真剣に取り組んでいます。

お知らせ1年生では、英語に興味、関心をもってもらうために人工知能ロボットMusio(ミュージオ)を英語学習     に利用しています。

朝から選挙活動中です!

来週月曜日は生徒会長立会演説会選挙です!それに向けて、毎朝選挙活動が展開されています。

校舎には候補者による凝ったポスターも掲示中です!

また、毎日、美化委員会も朝清掃を行っています。担当の先生と協力して、朝から玄関をきれいにしています。

1年生&3年生学力診断テスト

 1年生を対象に「西条っ子学びの向上推進事業」学力診断調査が行われました。これは、学力診断調査で得られた結果をもとに、効果的な学力向上への取組や授業改善に生かしていくために西条市の全中学1年生を対象に行われます。

 

 3年生も第5回学力診断テストが行われています。現在の自分の苦手な教科や分野を把握し、冬季休業日中に復習することに役立てることが目的です。

 

 

秋もいよいよ・・・

 秋も終わりの時期に近づいてきましたが、涼しい時間が続いています。まだまだスポーツの秋です。

 「スポーツの秋」といわれるようになったのは、東京オリンピックがきっかけです。秋は元々体を動かすのに最適な気温なため、スポーツに適している時期であると言われていました。運動会も秋に開催されていたそうです。それが、東京オリンピックを機に、以前よりもスポーツに親しもうとする気風が高まりました。開会式の10月10日が「体育の日」に制定され、国民には運動を楽しもうと呼びかけられました。

 小松中学校も部活動で、清々しい汗を流しています。8月からの駅伝練習を終え、数段とパワーアップです!

 

 また芸術の秋でもあります。「芸術の秋」と呼ばれるようになったのは、人が集中するのに最適な気温となるからです。人が心を落ち着かせ、物事に取り組むために適した気温が18度前後で、秋ごろの気候がぴったりになります。

 いつも素敵な演奏を披露してくれるブラスバンド部。片付けまでしっかり丁寧に行っていました。道具を大切にするきれいな心が、演奏もきれいにするのですね!

 

西条市中学校駅伝競走大会

本日、西条市中学校駅伝競走大会が行われました。

 

8月から始まった朝の練習。ときには倒れてしまいそうになったり、自分に負けてしまいそうになりながらも努力を重ねてきました。本日、天候は雨。コンディションは良いとはいえない中、出場した選手は一生懸命に頑張りました。また、出場しなかった選手もしっかりとサポートをしました。

 

結果は…

 

男子Aチーム 7位  男子Bチーム 16位

女子Aチーム 5位  女子Bチーム 15位

練習の成果を発揮し、健闘しました!!

選手の皆さん、本当に頑張りましたね!!

 

朝の練習から始まり、本日の大会を迎えることができたのも、練習に協力して下さった保護者の方のご協力がなくてはできません。本当にありがとうございます。

今回の経験を活かし、部活動や学校生活に励んでいきます。

「第38回全国中学生人権作文コンテスト」愛媛県大会 最優秀賞(松山地方法務局長賞)を受賞しました。

お祝い小松中学校 3年生神野さんが、「第38回全国中学生人権作文コンテスト」愛媛県大会 最優秀賞(松山地方法務局長賞)を受賞しました。

お知らせ12月1日(土)愛媛新聞に受賞した作文が掲載されました。

神野さんは、12月8日(土)に松前町総合文化センターで行われる世界人権宣言70周年・人権擁護委員制度70周年記念事業「みんなで築こう人権の世紀」に参加し、表彰受賞と受賞作文の発表を行います。

 「第38階全国中学生人権作文コンテスト」愛媛県大会入賞作品 2018年12月1日付愛媛新聞
(掲載許可番号:d20181203-007)

 

 

 

 

西条市中学校駅伝大会

 今日は西条市中学校駅伝大会です。あいにくのお天気ですが、先ほど小松中学校から駅伝選手たちが、バスで出発しました。お昼の5時間目頃には、学校に帰ってきます。

 練習の苦しみを自信に、全力で走りきってください。応援しています。

紅葉煌めく大洲・内子の街をめぐる

 12月2日(日)、小松中学校PTA主催の親子ふれあい活動がありました。一日通して、臥龍山荘と大洲の街を歩いたり、内子にて手漉き和紙とぐい呑み・枡やすりの体験各活動を行いました。

 大洲の街歩きでは、風情と歴史ある街並みを巡りました。

 臥龍山荘では、燃えるような紅葉を見ながら当時の生活に思いを馳せました。

  明治の匠が様々な工夫を凝らした三建築を見学しました。対岸の冨士山右端から月が昇るときに、天井に反射して部屋を明るくする光を意識した趣向や四季を強調した彫刻など、当時の匠の技に驚きの連続でした。

 

 後半はうちこ手しごと体験にて、手漉き和紙づくりとぐい呑みやすり体験を行いました。木蠟資料館 上芳我邸(重要文化財 上芳我家住宅)にも見学に行きました。当時の産業を支えた木蠟の製造過程やそのときの様子を知ることができました。

 

 とても楽しい一日となりました。参加してくれた生徒・保護者の方々、本当にありがとうございました。

 

いじめSTOP!愛(え)顔(がお)あふれる地域フォーラム2018が開催されました。

 12月1日(土)に丹原総合文化会館においていじめSTOP!愛(え)顔(がお)あふれる地域フォーラム2018が開催されました。

これは、愛媛の子どもたちによるいじめ防止の絆づくりを推進し、児童生徒が主体的に行ういじめ防止に資する活動の充実を図るために行われた

フォーラムです。小松中からは、2年生の石川さん、平塚さん、原田さんが参加しました。

全体会のあと小グループ(小学生、中学生、保護者の混合)に分かれてパネルディスカッションを行い、活発な話合いが行われました。